フジTVスプリングステークス2021無料予想 中山牝馬ステークス 回顧

 

中山牝馬ステークス2021 結果と短編回顧


 

 

◆予想印の結果

△→消→△

 

7人気のランブリグアレーが勝利し、人気馬が総崩れとなった今年の中山牝馬ステークス。

 

勝ったのは7番人気ランブリングアレー。この日は馬場も相当悪く、走るだけで水しぶきが上がっていたほど。人気馬が総崩れする中、先行したロザムールをゴール手前で捉えたのがランブリングアレーであった。道中は本当に真ん中という中団を追走。直線はこの日では馬場がある程度良かったとされる馬場の真ん中に持ち出し脚を使った。ディープインパクト産駒ながらこの馬場をこなせたのは少々驚いたが、それにしても7番人気と人気がなかった。前前走も重賞で2着、今回の勝利で次は上位人気になるだろう。この春ヴィクトリアマイルへの参戦があるのかも含めて注目したい。

 

 

 

2着は先行したロザムール。この日の馬場を考えればこの馬に展開が向くことは予想でき、当日も馬券は紐としては購入したが、前前走に続き良い内容の競馬。今一歩のところで差し切られてしまった。ただ、この馬もこれでG 3では目処をつけられた形。もし、次走過度に人気するようであれば嫌いたいが、この日くらいの人気であれば美味しいオッズではないだろうか。

 

 

 



 

 

 

三着はフェアリーポルカ。この馬は凡走した人気を落とし、人気を落として好走した次のレースでは人気する典型的な馬であり、今回も多少の妙味。ただ、今回好走したことで次走は間違いなく人気するだろう。まだまだあてにできない部分が多い馬であり、こういったタフな馬場は昨年も好走したが割と得意な部類ではないだろうか。春の目標はヴィクトリアマイルであろうが、G 1でなワンパンチ足りない印象の馬。今年はデアリングタクトがおらず、グランアレグリアの参戦があるか分からないが、メンバー次第というところ。

 

 

 

フジTVスプリングステークス2021 人気薄の注目馬

 

 

さて、今週末は土曜日にファルコンステークス、フラワーカップそして、日曜日には皐月賞トライアルのスプリングステークスと古馬の長距離重賞、阪神大賞典が行われる。各レース共に有力馬が出走を予定しており、週末に4重賞もあることから楽しみな一週間となりそうだ。

 

 

 

1日1鞍の無料予想で11週連続的中はこの人だけ!?
アノ伝説の秋村さんが3度目の5週連続目指して2戦2勝スタート!!

最近の競馬予想会社は星の数ほどあってせめぎ合い
その為、多くの会社が無料情報でその実力を公開しています

僕も今までたくさんの無料情報を見てきましたが
今、1番面白いのはhit-makerかも!
昔のテレビで〇週連続勝ちぬき・・・みたいな企画がありましたが
ココの無料情報はまさにあの勝ち抜き戦の競馬版

一言でいうと
無料情報の担当監修情報筋が5週連続的中を目指す
という企画
しかも先月は万馬券が的中するなど、高配当も飛び出しているんです!

その万馬券を的中させた元TM高橋さん
先々週まさかの不的中で惜しくも連勝は4週目でストップ
そして先週から担当を引き継いだのが伝説の秋村さん
なんといっても前々回、前回と5週連続的中を達成!
まさに生きるレジェンドです
先週日曜中山3Rワイド510円、1.510円、4.340円の3点獲り
3連複にアレンジした人なら10.260円の万馬券も楽勝でしたね
無料でも手抜きのない予想をぜひ体感してみて下さい!!

⇒レジェンド秋村さんの勝負馬券はこちらから
無料登録のみで見れますので毎週チェックして、お気に入りの担当監修者を見つけてみて下さい!

 

 

 

 

 

さて、本日は日曜中山競馬場にて行われる3歳牡馬クラシック皐月賞トライアルのフジTVスプリングステークスの注目馬をご紹介!ここは1番人気想定がランドオブリバティ、2番人気想定がボーデン。3番人気想定がヴィクティファルスとなっている。鞍上が再度三浦君に回ってきたランドオブリバティが右回りでどのような競馬をするか注目だ。

 

ピックアップするのはこの馬!!前々走は鞍上が上手く乗れていなかったが、乗り替わりとなった前走は完勝といっていいレース内容。中間はここを次の目標にしっかりと乗り込んできており、前が有利な今の中山の馬場はプラス材料。前に行けば中々渋とい馬であり、抜けた存在がいない今年のこのメンバーであれば、狙える一頭だ!!

 

 

 

 

 

 

その馬は(P馬)!?

↓↓↓↓↓↓↓↓↓


中央競馬ランキング

参考になったという方は応援クリックをお願いします!

リンク先に注目馬を記載しています!!!

 

 

 

 

阪神大賞典2021無料予想 注目馬 金鯱賞 回顧