チューリップ賞2021 人気の注目馬 阪急杯 回顧

 

阪急杯2021 結果と短編回顧


 

 

◆予想印の結果

○→△→△

 

1番人気のレシステンシアが人気に応え、久しぶりの勝利を手にして幕を閉じた今年の阪急杯。

 

勝ったのは1番人気のレシステンシア。スタート後、うちの馬が逃げるかと思い控える競馬をするかと思ったが、これはスピードの違いで逃げてしまったという形だろう。とにかく溜め逃げではなく、自分のリズムでレースを進め後続に脚を使わせる競馬が合っているこの馬。少し早いと思えるようなペースでも難なく逃げ切ってしまうこの馬なだけに、今回のような競馬が理想だろう。調教師の話によると、この後のローテーションについてはまだ未定とのこと。高松宮記念への参戦があるのかこのあとは注目されるところであり、参戦してくれば非常にレースも盛り上がるだろう。

 

 

二着はミッキーブリランテ。前回全く人気がなく勝利した訳であるが、今回もこれがフロック視されたか10番人気という人気薄での参戦。その人気を嘲笑うかのように二着へ好走したわけであるが、今回注を予想印でも打とうか迷ったほど。最終的には別の馬に印を回したが今回が買い時であったことは間違いない。レシステンシアには2馬身離されたものの、G 1馬のインディチャンプらを抑えての2着は評価出来る。G 1ではつらいが、G 3レベルの紐としては今後も抑えて良いかもしれない。

 

 

 



 

 

 

三着は◎と迷ったジャンダルム。本当にわずかな差で3着を確保したが、三強とは少し離れた穴人気になっていた。レースは番手から早めに抜け出そうという競馬。直線も良い手応えで入り口ではレシステンシアを乗り込むのではと思った手応え。しかし、そこからレシステンシアがもう一度脚を使い、上がり三ハロンもなんと最速。これではやはり捉えることが難しい。勝馬そして、少し後ろにいたミッキーブリランテに終いの脚で劣り交わされた形だ。レース内容は良いと思うが古馬重賞を勝つには何かワンパンチ足りない印象。馬はよく走っているが、この辺りで一度鞍上をリーディング上位の騎手へスイッチしても良いかと思う。

 

 

 

チューリップ賞2021 人気の注目馬

 

 

さて、今週末は土曜日に2重賞オーシャンステークスとチューリップ賞が行われる。日曜は牡馬の3歳クラシックトライアルの弥生賞が中山競馬場で開催。いよいよ3歳クラシックのトライアルレースが始まり、春のG 1レース開幕が迫ってきた。

 

 

 

中山記念の注目馬3頭入線
弥生賞も注目馬更新済です◎
見解+考察で重賞の人気薄馬入線はココで読む!
先週は中山記念3頭ドンピシャ!
5人気ケイデンスコール7人気ウインイクシード入線読み
その他、フェブラリーS・東京新聞杯など人気薄馬ドンピシャ!
弥生賞の注目馬・見解・考察こちら↓

────────────────────
◎【穴馬対策】バッチリなんです!
・フェブラリーS8人気ワンダーリーデル入線
・東京新聞杯12人気カテドラル入線
・シルクロードSは注目馬3頭入線
・中山金杯11人気ウインイクシード入線
ここの注目馬に今週も答えが書いてあるはず!
────────────────────





────────────────────
さらに無料買い目は『的中コロシアム』
先週は元TM高橋氏…27日阪神2R馬連で
回収率2000%弱を達成!重賞メイン前にひと稼ぎしてください!
弥生賞の見解(無料)←コチラ
↑からメール登録し各情報くまなく覗いてみてください。
◎今週の注目レース(弥生賞・無料公開中)
◎的中コロシアム(元TM買い目/無料)
元厩務員や商社マンなど本格派馬券師軍団なので要注目です!

 

 

 

 

さて、本日は土曜阪神競馬場にて行われる3歳牝馬クラシックレース桜花賞のトライアルレース、チューリップ賞2021の注目馬をご紹介!ここで重賞2勝馬メイケイエールが登場。頭数は少ないが、桜花賞出走に向けて目が離せない一戦である!!

 

ピックアップするのはこの馬!!デビュー戦では素質の高さを見せてくれたものの前走は期待していた以上の走りを見せることができずに敗戦。経験不足を露呈してしまったが、それでも終いはしっかりと脚を使い、出走メンバーの中でも上位であった。今回、断然人気になるであろうメイケイエール以外は抜けた存在がおらず、ここでは巻き返しが期待できる!!桜花賞の権利取りに向け非常に重要な一戦だ!!

 

 

 

 

 

その馬は(P馬)!?

↓↓↓↓↓↓↓↓↓


中央競馬ランキング

参考になったという方は応援クリックをお願いします!

リンク先に注目馬を記載しています!!!

 

 

 

弥生賞ディープインパクト記念2021無料予想 中山記念 回顧