チューリップ賞2020 注目馬 阪急杯 回顧

 

 

 

 

 

 


阪急杯2020


△→○→▲

 

復帰した浜中騎手に導かれ、ベストアクターの勝利で終わった今年の阪急杯。ベストアクターの勝利は置いておいて、2、3着については後味の悪い結果に。

 

 

話題に上がりましたが、川田君が北村君にゴール後怒鳴っていましたね。ベストアクターの勝利もそうですが、勝った浜中君が後ろを振り返ってびっくりしている様子が見えたのが印象的でした。

 

 

 

勝ったベストアクターについては昇級初戦ではありましたが、力をつけてますね。距離もベストというところ。今後は安田記念を見据えて、京王杯を使うということであるが、今回の内容を見れば次も好走の可能性は高いかもしれない。過剰に人気しなければだ。

 

 

 

 

 

 

 

東京新聞杯~フェブラリー小倉大賞典まで 11戦10勝!重賞特化の本格派予想なんです!
────────────────────

獲れた理由、獲れなかった理由がTOPページに 細かく書いてあるのでなんか熱くなります。

↑↑↑↑

これは本当にありがたいです!

────────────────────
そしてフェブラリーS 【推奨馬】
◎12モズアスコット
○09サンライズノヴァ
▲15ケイティブレイブ
40点/推奨投資金500円
【4649.2倍×500円】 232万4600円
ーーーーーーーーーーーーーーーー
クイーンC、小倉大賞典、フェブラリー
驚愕の重賞的中の裏側を↓から見れます!
────────────────────────
ここは競馬FANにはたまらない。詳細はこちら↓
→本格派重賞特化型予想
ダイヤモンドS以外全てきてる事実。

まずは考察チェックしてみてください(無料)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2着は繰り上がりでフィアーノロマーノ。大きな不利があったが、4コーナーまでいい形で迎えられ不利を受けた後もしっかり脚を伸ばしている。改めて力があるところは見せられた。スムーズなら1着馬とも際どい勝負になったかもしれなかっただけに今回は残念な結果である。

 

 

 

 

 

 

 

3着は降着処分となったダイアトニック。馬の気性面的なものも出て怯み内へ行く形になってしまったのかもしれないが、騎手のリードの仕方は褒められたものではない。見ていただければ分かるが、一度内をあけフィアーノロマーノの前にはしっかりと進路が出来た。しかし、そこにもう一度突っ込んだのがこの馬。川田君が怒るのも無理はない。開けずに進めていれば何も問題なかっただけに、騎乗が正直悪かったですね。ただ馬は、先行して馬の間を割ってもしっかり伸びてこれたし、1400では本当に安定している。今後は1200あるいはマイルのG 1でも結果を出せることが課題。

 

 

 

 

 

 

 

 

土曜2月ラストで無料買い目的中!
3連複45.2倍で22600円獲得
回収率452%達成の注目無料情報!
今週は土曜中京スポーツ杯含む2鞍無料!

先週金曜の夜公開された無料予想↓
━━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━━
29日(土)中京11R
中京スポニチ賞
1着サンレイポケット(1人気)
2着ニューポート(5人気)
3着トミケンボハテル(4人気)
3連複45.2×500円→22600円獲得!
1着馬を軸にして相手に中穴馬セレクト!
お見事な的中ですね。

今週の注目無料提供レースはこの先週的中と同じ土曜の中京メインレース【中京スポーツ杯】このレースと日曜にももう一鞍厳選の買い目が公開されます!
→中京スポーツ杯含む週末厳選買い目(無料版)
こちらからレース前日夜から当日朝までに無料公開。

勢いに乗る無料予想をお見逃しなく!

 

 

 

 

 

 

 

さて、今回はチューリップ賞の注目馬をご紹介!!ここは2歳女王レシステンシアが始動。阪神JFの上位組が揃って参戦予定のレースであり、ここでの結果が桜花賞に直結する可能性も高い!!

 

 

 

注目馬はこの馬!前走がハマったと思われているかもしれないが、本質的には結果通りの実力は兼ね備えている。今回の想定オッズも前走同様人気薄!相手は強化されるが、紐穴としては絶対に抑えたい馬!!展開的にもスマイルカナとレシステンシアがいる以上、前が楽になることはない。1発の末脚に期待したいところだ!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その馬(P馬)は

↓↓↓↓↓↓↓↓↓


中央競馬ランキング

 

↑↑↑↑↑

参考になったという方は応援クリックをお願いします!

 

 

 



 

 

 

報知弥生ディープ記念 注目馬 中山記念 回顧