AJCC2020無料競馬予想 好走必須の勝負馬 日経新春杯回顧

 

 

 

 

 

 

日経新春杯2020


△→△→消

 

4歳馬のモズベッロが軽ハンデも活かして勝利した今年の日経新春杯。◎メロディレーンや人気馬レッドジェニアルが最高峰からのレースとなり、波乱を予感させるスタートから始まった。さすがに◎メロディレーンは距離があるとはいえ、あの位置では難しい。レース後少しコメントが取れたが、もっと距離があった方がいいとのこと。次走はレース選択も含めて注目だが、ダイヤモンドSとか良いかもしれない。前走もそうであったが斤量の恩恵があるとはいえ鞍上をスイッチして新鮮味を出してみるのも一つの手か。ちょっと最高峰から動いて大外では工夫がなさすぎた。

 

勝ったモズベッロはハンデも良かったが2着馬と同じ位置取りで進路どりもよかった。そして京都コースは余程合うんだろう。今回はハンデ戦ということもあるので、次走他馬と同じ斤量で別のコースで好走できるかはまだ疑問。今回の結果を鵜呑みにしない方がいい。

 

2着レッドレオンは直線途中まで前が塞がる不利がありながら、馬は頑張った。鞍上の捌きがイマイチでしたね。これくらいの距離が合う馬で次オープン戦であれば好走は必須か。重賞ではまだ信頼度は低い。

 

 

先週も絶好調!!
各キャンペーンから的中多数!
新型予想サイトに注目!
ーーーーーーーー
▼18日的中実績
(一部抜粋)
京都7R
【フェニックス】
3連単18点
4319.9倍×500円
→2,159,950円◎
回収率23999.4%

中山11R
【ゴールドサーガ】
3連単18点
925.4倍×600円
→555,240円◎
回収率5141.1%
ーーーーーーーー
今週の無料予想は果たして!?

→ 今週の無料予想にエントリー!

無料メルマガ登録後
返信メール内リンククリックでOK!

 

 

 

 

 

3着は11一番人気のエーティーラッセン。こちらもハンデを生かした粘り込みで3着を確保。京都の馬場を考え鞍上の思い切った逃げもはまった形。止まるようで残らない今の京都。むしろ外があまり伸びないと言ったほうが良いのか。今回は完全にはまった形なのでもう一度やったら結果は変わるだろう。

 

 

 

さて、今週はアメリカジョッキーCと東海SのG II二本立て。G 1馬が今年の始動戦の一つとして選択してくるレースでもあり双方とも注目のレースだ。本日はアメリカジャッキーCの注目馬をピックアップ。ここはハンデが1キロ重いとはいえ、G 1馬ブラストワンピースが始動。凱旋門賞以来のレースで疲労が抜け切っているか仕上がりも含めて注目だ。ただここで取り上げるのは、このコースを得意としており、ここではブラストワンピースに負けず劣らずと思っているあの馬!ハンデもブラストより軽くここは陣営も負けたくないと思っているに違いない!!

 

 

 

 

その馬(P馬)は

↓↓↓↓↓↓↓↓↓


中央競馬ランキング