【愛知杯2020】人気薄の良血馬 無料競馬予想 フェアリーS回顧

 

 

 

 

 

 

フェアリーS2020


△→△→△

 

ディープインパクト産駒のスマイルカナが逃げ切り圧勝で終わった今年のフェアリーS。戦前から絶好枠を引いた事で大知くんが喜んでいたように影を踏ます事なく最後まで終始楽な形。前走の勝利がフロックでないことを示した。スピードがある馬で現時点ではおーくすではどうかも桜花賞までは問題ないだろう。非社台、ノーザン系で楽しみな馬が出てきた。ただここのメンバーは阪神JFと比べると質がやはり落ちる。レシステンシアなど強い同型の馬と当たった際にどのようなレースが出来るかは注目だ。

 

 

 

無料予想の精度No1!
検証済!去年無料重賞情報的中精度高↑↑
───────
18日愛知杯厳選買い目
19日京成杯厳選買い目
※前日夜20時頃いつも公開されてます。

───────
なぜおすすめか?! 実績が物語ってます!
◎無料予想戦績
・━・━・━・━
┣ホープフル290%
┣有馬記念 1175%
┣阪神C  1206%
┣阪神JF 856%
┣ジャパンC290%
┣天皇賞  321%
┣ながつき 1500%
・━・━・━・━
┣菊花賞  307%
┣ダービー 1205%
┣小倉記念 803%
┣クイーン 1231%
┣Vマイル 3549%
┣宝塚記念 272%
・━・━・━・━
他札幌記念やスワン、香港などもありますが書ききれません。。。
メール登録し無料会員になるだけで厳選買い目見れる太っ腹!
愛知杯&京成杯厳選買い目エントリー〔無料〕
↑をクリックし確認メールがきたらクリックしてログイン。

無料でこの精度!おすすめです。

 

 

 

 

2着はチェーンオブラブで最後伸びてきているが、ハーツクライ産駒でこちらはこの中山マイルよりも東京の距離が伸びたオークスの方が適性がありそうな印象。能力でここまできたと言う感じか。前走負けたシャインガーネットは逆転できたしまだこれからの馬。賞金加算もできたので、ローテは多少楽になるだろう。この後のレース選択も楽しみだ。

 

 

3着のポレンティアは最初の出負けが勿体なかった。ポジション的にはシャインガーネットくらいのところで競馬したかったに違いない。まだ2戦目で素質だけで走っている感じ。今回のレースで好走は出来たが、桜花賞を目指すのであればこの後賞金加算は必須。少々ローテがキツくなるが、条件戦を挟むかトライアルでの権利取りを狙っての出走となるだろう。池添くんがクラシックも狙えそうと評価する馬だが、桜花賞よりもこの馬もオークス向き。桜花賞はパスしてオークスに照準を合わせるのも一つ。同馬主でリアアメリアもいるのでね。

 

 

 

 

◎重賞で帯獲得!

シンザン記念103万獲得!


───────────
3連単フォーメーション
1着:1,6
2着:1,6
3着:3,4,5,8,9
買い目計10点 推奨:1000円 計1万円
───────────
03コルテジア9人気しっかり入ってます!
プリンスリターンですら入れるか迷うのに・・・お見事!
中山金杯:86万 京都金杯:83万 に続き3桁突破的中の重賞プラン!

▼回収率抜粋─────────
朝日杯FS   →回収率9000%
チャンピオンズC→回収率1000%
ジャパンカップ →回収率1500%
マイルCS   →回収率1500%
エリザベス   →回収率2640%
菊花賞     →回収率1800%
───────────────
去年から勢いが止まらないですね。
そして気になる方には朗報!
ここの予想を無料で体感できるようになってます!
▼無料公開情報───────
18日:金曜夜ないし土曜朝確定
19日:ネモフィラ賞(前日夜公開)
───────────────
〔無料〕厳選予想エントリー
メール登録にてお早目のエントリー完了がおすすめ。
メルマガは日々チェックです。 無料予想で950%の実績もあるので必見です。

 

 

 

人気馬二頭は不甲斐ない形。人気を承知で◎をつけたシャインガーネットはいい形でレースを進めたように見えたが、中山の急坂も応えたか、最後は3着も守れなかった。1番人気のアヌラーダプラに至っては掲示板も確保出来ず6着。この馬についてはマイルは若干長いのかもしれない。道中折り合いを欠く面も見せたし、今後はそう言った点も課題になってくる。この二頭については次走再度見直しが必要だろう。

 

 

 

さて、今週は昨日の記事でも記載したが土曜と日曜で三重賞!今回は土曜の愛知杯の注目馬をご紹介!ここはセンテリュオやサラキア、パッシングスルーが上位人気を形成するだろう。ハンデ戦で一筋縄ではいかない重賞であることはたしか。特に今年は小倉開催で昨年とは開催場所やコース形態が異なり、小回りの上、直線も平坦なのでヒモ荒れは必須とみている。ピックアップするのは、前走はさすがに食い込むことができなかったが、2走前のレースでのインパクトが忘れられずこの人気であれば絶対買いたいあの穴馬!距離が多少忙しいかもしれないが、ここに入っても能力はヒケを取らずこの血統であれば、重賞の一つや二つは期待されているだろう。この産駒らしく古馬になってから良くなってきて今年は勝負の年だ!!

 

 

 

その馬(P馬)は

↓↓↓↓↓↓↓↓↓


中央競馬ランキング

 

 



 

【日経新春杯2020】距離適性馬 無料競馬予想 シンザン記念回顧