【マイルCS2019】勝ち馬と好走馬の傾向

 

 

 

 

 

 

 

本日はマイルCSの最近の傾向について触れてみたいと思う。

 

まず近年の勝ち馬と枠番馬番

2018年 1枠1番ステルヴィオ

2017年 8枠18番ペルシアンナイト

2016年 8枠16番ミッキーアイル

2015年 8枠16番モーリス

2014年 6枠12番ダノンシャーク

 

 

ここ5年を遡ったが勝ち馬の馬番については去年を除くと二桁馬番の勝ち馬が目立つ。またここ2年は3歳勢が勝っているのも勝ち馬の傾向としては変化してきている点であろう。個人的な印象としては昨年は如実に内枠の馬がきたが、2014年以前を遡っても二桁馬番の馬がよく絡んでおり、特に馬番では11番より外の馬がくる印象がある。そしてその馬達の脚質は差しだ。勝ち馬ではないが、2013年はダノンシャーク、2012年はドナウブルー、2011年はサプレザとオレンジ帽から外の馬が馬券に絡んでいるのだ。今年は朝から芝はどのよう傾向になるのかよくみておいたほうがいいだろう。

 

 

 

 

マイルCSの参考無料サイトはこちら!

 

「マイルCS勝ちたいんです!」
「どこか相性いい予想ないでしょうか?!」
そんなお問い合わせがきたので しっかり検証開始。

そして見つけたのがコチラ↓
14~18年までで検証 1~3着まで計15頭入線のうち 12頭が推奨馬!
────────────────────

────────────────────
指数予想の推奨は指数上位6頭、指数値30以下が好走予感馬 。
過去5年見ると相性いいのかもしれません。 特に指数2位は過去3年連続2着! 先週のクロコスミアみたいなジンクスは気になるとこです。そして同時に直近今年の重賞戦績は・・
────────────────────
エリザベス女王杯       指数5→12→3位
福島記念           指数5→2→1位
アルゼンチン共和国杯     指数3→6→2位
みやこステークス       指数7→3→8位
京王杯二歳ステークス     指数2→1→6位
ファンタジーステークス    指数6→1→5位
天皇賞秋           指数1→6→3位
アルテミスステークス     指数1→3→5位
スワンステークス       指数2→1→6位
菊花賞            指数4→6→1位
富士ステークス        指数1→5→4位
府中牝馬ステークス      指数2→4→3位
サウジアラビアロイヤルカップ 指数1→1→3位
スプリンターズステークス   指数1→7→2位
────────────────────
エリ女クロコスミアは指数12位でしたが 秋重賞はかなりの好成績なんです。
そして先程確認したのはマイルCSは全頭指数順位無料開放との事!!
もちろんジャパンカップも無料開放との事。当日お昼にログイン内北条のブログをクリックしたら見れますので要チェックです! さらに最終見解5頭まで絞り込んでくれるのでこれも要チェックです。もちろん無料なのでマイルCS、ジャパンカップ~有馬、ホープフルまで見ておくべきです。
普通におすすめできるので是非指数上位馬は毎週チェックしてみてください(無料)

 

 

 

 

 

 

 

次に年齢別の勝率や複勝率を以下に記載する。こちらは過去10年の数字だ。

 

3歳 勝率5.7% 複勝率11.4%

4歳 勝率8.3% 複勝率36.1%

3歳 勝率5.2% 複勝率15.5%

7歳は共に0

3歳 勝率20.0% 複勝率20.0%

 

一見、8歳馬の数字がよく見えるが、5頭しか出走しておらず、そのうちの1頭が好走したため、高い数値となっているだけであり、数字としては4歳勢が圧倒的に有利なデータとなっている。

 

過去数年分レースを見直したが、やはり好走パターンというのは一致していた。それは勝ち馬だけというわけでなく、3着に来て馬券になっている馬も含めてだ。おそらくここ数年でこの傾向を満たしていないことはない。外枠の馬が来ていても、勝ち馬や3着以内に入り馬券となっている馬はほぼ1頭該当していた。(ミッキーアイルが勝った年は該当せず)今年のマイルCSが該当するかは分からないが、覚えておいて損はないだろう。既に気づいている方も多いと思うが、改めて記載しておく。

 

 

その好走パターンとは

↓↓↓↓↓↓↓↓


中央競馬ランキング

【】にして書いてます!

 

 

 



 

 

【マイルCS2019】注目馬 エリザベス女王杯 回顧