予想印について

 

 

 

 

 

 

 

今更ですが、ブログを開設して4ヶ月経ちましたので私の予想印はどのようにつけているか記載したいと思います。

重賞の予想では、◎を人気サイドの馬につけるのは簡単です。基本的には上位人気に◎をつければ当たるんですからね。それではでも普通の一般予想と変わらず誰でもつけられるような印になってしまうので面白くないですね。私の予想はこうです。

 

 

 


中央競馬ランキング

小頭数で上位人気二頭が抜けている場合は、食い込めるだろう馬を◎とします

 

○ 総合的に判断し軸として最適でありそうな馬

 

▲ 人気サイドも含めて、○の次に有力である馬

 

注 人気落ちや人気薄で配当にも妙味があり紐としては絶対に抑えたい馬。場合によっては頭まで

 

 

このような感じで予想印をつけています。つまり◎と注が一緒にくると3連単では10万馬券を超えることも多数です。

この形でハマった重賞はいくつかありました。例を2つ上げときます。

 

 

京成杯AH2019 無料競馬予想

 

北九州記念2019 無料予想

 

 

京成杯は◎ディメンシオン、北九州記念は◎アンヴァルでした。両方とも○が飛んで▲注が来たというパターンです。こういう時は配当が結構付きます。

 

予想印の付け方はそれぞれですが、今後の参考にしてもらえればと思います。決して◎に人気サイドの馬を指名する形を否定しているわけでなく、あくまで個人的な予想印の付け方を記載したまでです。

 

 

今週の重賞のピックアップ馬については、以下にリンクを貼っておきます!

 

 

府中牝馬ステークス2019 注目馬 無料競馬予想 京都大賞典 回顧

 

秋華賞2019 注目馬 無料競馬予想 毎日王冠 回顧