キーランドC 注目馬 無料競馬予想 札幌記念2019回顧

 

 

 

 

 

 

札幌記念 2019


注→△→○

序盤から有力馬も前目の位置をとり、面白い展開になった今年の札幌記念。1コーナーくらいまでの印象は、サングレーザーは間違いなく絡むだろう。ワグネリアン前行ったな。ブラストは飛んだかなこれ。フィエールはいつも通りかという印象だった。この隊列になると◎のクロコスミアは辛いですね。直線でも前をカットされ、少々消化不良。ただ脚があっても馬券には絡めてないと思う。これで次走以降は少しずつ人気落とすだろうから、また絡めて買いたいですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

勝ったのは、ブラストワンピース。乗っていた本人が言うように枠が災いし、閉じ込められるのではと思ったが、三コーナーくらいから少しずつ外に出せ、直線では脚のなくなったエイシンと抜けたサングレーザーの空いたスペースをうまくこじ開け、勝利をもぎ取った。個人的には乗り替わりも正解だと思っており、以前の騎手ではこのような騎乗が出来なかったかもしれないと思っている。川田騎手に叱咤され、馬も動いてた印象を受けた。凱旋門では上位は厳しいと思っているが、この内容なら堂々とフランスに行けるだろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2着サングレーザーはさすが岩田騎手といったところ。前で折り合い、小回りのコース形態をいかして、4コーナーでは早め先頭。有力馬が後ろからいく予想の展開でサングレーザーが勝つならこの形と思っていたまさにその乗り方だった。ブラスト川田コンビにねじ伏せられたといったところ。いい内容であったと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3着フィエールマンも力を示した。予想通り小回りのコースではエンジンのかかりが少々遅く届かなかった。ただ、直線は伸びているし、目標は凱旋門賞。たたきの内容としては全く悲観する内容ではない。本番はブラストよりもこちらの方が楽しみにしている。

 

 

 



 

 

 

 

 

 

 

 

4着ワグネリアンはいつもより位置を取りに行っての競馬。乗り方については賛否両論あるかもしれないが、個人的には良かったと思っている。この馬も広いコース向きのためそれを考慮しての騎乗であったのではないだろうか。直線伸び切れなかったのは、両前脚を落鉄した影響と位置をとりに行った分。休み明けの分だろう。秋天に出てくれば狙いたい一頭だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

今週は新潟2歳SとキーランドC。キーランドには函館SSで出走できなかった馬やそのレースを使った馬など当初の予定メンバーだった馬が顔を揃えた印象。そのキーランドCだが、北海道開催を得意にしているあの馬に注目!昨年もこのレースで好走しており、休み明けで本番への叩き台なのは間違いないが、洋芝の成績を加味しても必ず抑えたい一頭。あとは変になんかしなければと思うが、ダノンやタワー、セイウンがいるところをそこまでの人気にはならないと見ている。

 

 

その馬は

↓↓↓↓↓↓↓↓

中央競馬ランキング