エルムステークス2019 無料予想 注目馬 小倉記念回顧

 

 

 

 

小倉記念 2019


○→消→▲

ハンデ戦らしく直線残り100メートルくらいから様相が変わる夏の名物重賞だった。結果的には、外を回って追い込んできた馬が1.2着。パドック後、メールドグラースは負けられないくらいいい状態と情報があったので頭の三連単だけ追加。2週連続川田騎手にはいい思いをさせてもらった。◎のクリノがくればもっと良かったんだが。

 

 

 

 

 

 

 

 

◎のクリノヤマトノオーについては切れ味のある馬に負けた。この馬の競馬はできたと思うし、キレた二頭を除けば馬券に絡んでもおかしくない内容。鞍上は重賞を取れる力はあると気に入ってはいるが、このクラスでの頭の馬券は買いにくいかもしれない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

勝ったメールドグラースは言うことはない。ハンデも克服したし、4コーナーまで楽で終いはこれはら弾けるだろうという手応えだった。大外を回っての差し切りだし力をつけている完勝と言っていいだろう。秋のG1でも抑えたいと思う一頭だった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2着カデナは印では消し。馬自体が自信を取り戻してきているとレース前に情報が入ったので、馬券では買い足した。その通り終いはメールドグラースよりもキレた。メールドグラースと他馬の空いた部分をつくのではなく、大外にもっていれば勝ちまであったかもしれないと思うくらいだ。これでこの2走がフロックではなかったことを証明できただろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3着のノーブルマーズは先行から4コーナー早め先頭の勢いでしぶとく3着を確保。ハンデを背負いながら3着を確保したのは自力の証明だった。G3であればもう一つくらい勝てていい。

 

 



 

 

 

 

 

 

 

4着のタニノフランケルはきても3着だろうと軽視。この馬はオッズと実力が噛み合っていない印象。今回は手応えの割によく食い下がった。小倉が合うのかなというイメージだ。今後も人気は続くだろうし、それほど買いたいという要素はない。

 

 

 

 

 

 

 

今週はお盆休みの入口の週。2つの重賞が開催されるが、エルムステークスの注目馬をピックアップする。年齢を重ねているが、昨年もこのレースで好走。札幌のコースでは常に馬券に絡んであり、グリムに人気が集中する今回は、人気薄の立場で挑めるだろう。重賞で人気するような騎手が騎乗するわけではないので、ここで狙いたい。重賞を取るのはここがラストチャンスと思っている!

 

その馬は →
中央競馬ランキング