アイビスサマーダッシュ 2019 注目馬 中京記念回顧

 

 

 

 

 

中京記念


消→△→○

 

 

3番人気のグルーヴィットが勝利し比較的人気決着で終わった中京記念。当方はグルーヴィットは消し。3番人気で4.9倍とはまぁよく売れたもんだなという印象。ダートでも勝っている馬だし、今のこういう力のいる荒れた中京の馬場も見方についたのではないだろうか。4コーナー手前から既にムチが入り手応えが良くなさそうに見えたが、ここまで伸びたのは少し驚きだった。次も人気するだろうが、見解としてはまだ危険な人気馬という位置付けは変わらない。ズブさも見せたしな。

 

 

 

 

 

 

2着のクリノガウディー。まぁ来るならこことも思っていたが見事に賞金加算にも成功した。これでこの馬はマイルというのがはっきりしただろう。ワンターンの1600の直線の長い広いコースが現状はベストかな。まだ若い森君だがいい騎乗だったと思いますよ。

 

 

 

 

 

 

3着プリモシーンは力のあることは示したしこの競馬をして負けたのは仕方なし。ハンデ差もあるし、比較的今回は位置をとっての競馬。内容的には悲観する必要はない。◎のミエノサクシードは直線スムーズさを欠いて脚を余しての4着。通るコースによっては2着まではあったかなと思うがこれも競馬。外に出しても伸びたかはわからないしな。ただ今本当に安定してきたし、牝馬限定の重賞であればチャンスがあるかもしれないと思っている。過度に人気しなければ次走も買いたいと思う。

 




 

 

▲カテドラルは少し後ろからというのもあったが、あまり外から伸びなかったのとこういう馬場も合わなかったのではないか。じっくり脚を溜めて直線脚を活かす競馬が出来れば巻き返しが次走以降はあっていい。注のジャンダルムは直線残り200メートルくらいまではあわやと競馬。次も注意深く見ていきたい馬だ。

 

 

 

 

 

 

 

さて、今週の新潟開幕週を飾るのは新潟名物1000メートル直線のアイビスサマーダッシュ。今週は天候も悪くなさそうで、良い馬場状態で迎えられるのではないだろうか。新潟1000直線メートルはご存知の通り圧倒的に外枠が有利。ただ最内とは言わないが、内目の枠でも先行できる馬には気をつけたい。

 

 

 

今回注目している馬は新潟の1000直という舞台でも好走しているが、近走は掲示板へものれておらず人気薄になるだろう。ここを目標に仕上げているだろうし、ここ最近での状態については1番良いと情報もある。穴を開けるとすればここしかないと思っている馬だ。外めの枠に行くと変に人気になってしまう可能性もあるため、真ん中より外という枠が人気的にも理想か。外枠で人気を背負わなければ最高だ。

 

 

その馬(P馬)は→
中央競馬ランキング