クイーンS 2019 ピックアップ馬 函館2歳S回顧

 

 

 

 

函館2歳S


◎→△→消

キズナ産駒が初重賞挑戦で初制覇で幕を閉じた函館2歳S。若干懸念していたような展開になりかけたが、上手く藤岡騎手がカバーしてくれた。改めて思ったがスピードがあるねこの馬。枠も内というのがあったもののスタートであれだけ出遅れてもハナ切れるんだから。凄く促した訳でもないしな。あとは見てもらった通りの内容。楽勝の競馬だった。まだ時計は詰められるし、1400までは延長も問題ないだろう。マイルまでも持つと個人的には思っている。

 

 

 

 

 

 

 

○のレッドヴェイパーは出遅れて想定外の競馬に。ビアンフェと同じような感じで後ろからついていけば良かったものの、行き足がつかなかったのか中途半端な競馬に。この騎手は人気背負うと信頼度が落ちる。改めて重賞ではあまり買いたくない騎手と感じた。それでも掲示板には来ているので、次走はスムーズならと思っている。

 

 

 

 

 

 

 

 

2着のタイセイビジョンは力を示した。1200だと忙しい印象。1400からまずはマイル路線が今後は既定路線になっていくだろう。2着に来たのは、さすがルメール騎手と言うべきか決して後方からになっても外を回さず、内から。馬の能力も高く最後の伸びは目立った。

 

 

 

 

 

 

 

3着のプリンスリターンはパドック後に情報が入ってきたので、ワイドで抑えたが。来ても3着と思っていたので、この組み合わせなら3連系を2つ取れたなと後悔がある。スタート後軽く促して好位からの競馬。良く頑張ったの一言。鞍上の判断も良かった。ただ、上位二頭とは能力差があった。条件戦では勝ちあがれるだろう。

 



 

 

 

 

 

▲のゴッドスターはいいところなし。前走とは違い外枠であったことからも少々位置を取っての競馬だったが、4コーナーではもう手応えがなかった。スマートカーリーに至ってはどこにいたのかわからなかった始末。上位人気4頭と他馬では力差がある印象を受けたレースである。

 

 

 

 

 

 

さて今週からは所変わって新潟、札幌で重賞が開催。今日は北海道開催の函館2歳Sの回顧をしたので、クイーンSのピックアップ馬をあげたいと思う。追い切りで意欲的に追われたが、ラスト1Fは良い反応と伸びを見せて自己ベストをマークした。ここにきての充実ぶりが目につくし、コンビも継続予定で心強い。想定オッズからも上位人気には予想されないず、ここで1発を期待したいと思っている!

 

 

その馬は→
中央競馬ランキング