中京記念2019 ピックアップ馬 函館記念回顧

 

 

 

 

 

函館記念


○→消→▲

マイスタイルの勝利で幕を閉じた今年の函館記念。最後の最後まで迷ったマイネルファンロンだったが消し。やはり力が少々足りないと思っても気になった内枠の馬は買うべきであるレースだ。結果を見てほしい。ステイフーリッシュ以外は全て掲示板は内目の枠だ。

 

 

 

 

 

さて、レースに戻り4コーナーまで手応え良く持ったままで上がってきたマイネルファンロン。一口を持っている会員の方々は直線を向いた瞬間、重賞勝利の4文字が頭に浮かんだに違いない。内目の枠からスタートを決めマイスタイルの後ろにつけ、道中ロスなく進めた。いい騎乗であった。これ以上騎手に求めるのは酷だろう。勝ったマイスタイルを褒めるべきだ。そのマイスタイルだが、ファンとしては直線で少し感動したのではないだろうか。1000メートル通過を少し早いかなというペースで進み、マイネルファンロンに直線を向く時の手応えは劣っていると思ったが見事に差し返した。状態も凄く良いと聞いていたし、田中勝春騎手にとっては節目の勝利ともなったので嬉しかったに違いない。

 

 

 

 

 

3着のステイフーリッシュは他馬よりも重い57.5キロを背負っての3着。自力を示したのではないだろうか。再コンビを組んだ中谷騎手も馬券内という最低限の結果は出せたと思う。だが、この馬中々勝てない。3連系の連複馬券ではこのクラスの軸としてはいいかもしれないが、頭までは買いにくい馬だ。本命まで迷った注のドレッドノータスが4着。来年も内目の枠の人気薄の馬は積極的に狙っていきたい。

 

 



 

 

 

 

 

 

 

それなりに人気を背負ったエアスピネルは全くいいところなし。休み明けとはいえ負けすぎの印象。次走はマイルで見直すと思うが、年齢的にもどうか。武さんが函館にいながらも騎乗していないし、ピークは明らかにすぎている。この後どこを使うかも含めて様子見だ。本命を打ったナイトオブナイツもほぼ良いところなし。まぁ馬場もそれほど悪化しなかったし、そもそも想定と変わっているため実力的にはこんなものか。もう少し4コーナーの時は前目にいると思ったが。完全に力負けだな。

 

 

 

 

さて、早いもので今週でこの開催も終わりを告げる。この開催は個人的には相性が良く勝負したレースではだいぶ儲けさせてもらった。最後を飾るのは、中京記念と函館2歳S。本日は中京記念のピックアップ馬を紹介する。想定オッズでは上位人気には全くならない様子。この舞台での重賞でも好走しており、中京での成績は馬券外一回だけ。この競馬場との相性の良さを感じる。右回りよりも左回りの方が成績も良く、穴を開けるとすればここだろう。除外にならなければ狙いたい一頭だ。

 

そのピックアップ馬 P馬は→
中央競馬ランキング