ジャパンダートダービー2019 注目馬 無料予想 プロキオンS回顧

 

 

 

 

プロキオンS


△→○→消

 

 

アルクトスの勝利で終わったプロキオンS。ネットでも話題になったが、サクセスエナジーの進路を直線で妨害しており、騎乗した田辺騎手が来週から騎乗停止になるというミソがついた重賞初制覇となった。見直してみるとたしかに立ち上がるくらいの不利を受けたサクセスエナジー。マテラスカイがいたためどこかのタイミングで外に出さなければならなかったアルクトス。その出した時に今回のような形となった。

 

 

 

 

旧降着制度であれば、間違いなく降着になったであろう。元々新ルールについてはよくわからない部分が多く、1番不可解だったのは、ララベルとプリンシアコメータの重賞だった。こういったいわゆるやったもん勝ちになって重賞制覇は後味が悪く個人的にはあまり好きではない。むしろこういう形で重賞制覇することに意味はあるのかと思ってしまう。

 

 

 

 

 

ただ内容については、ケチをつけるつもりはなく強い競馬をアルクトスはした。最後の直線のところの部分がマズかっただけである。1400でも忙しいと田辺騎手は言っていたので、1600はもちろん1800くらいまでは対応可能ではないだろうか。秋は中京のチャンピオンズカップが大目標かもしれない。

 

 

 

 

 

 

 

 

二着のミッキーワイルド。ずっと見てきた馬で、500万クラスの時の印象が強いがやはりここに来て充実一途。力をつけてきている。左回りのマイルまでなら噛み合えば重賞もとれるだろう。ここで賞金加算ができたので一息というところか。秋は武蔵野Sあたりかな。当面はフェブラリー目標かと思う。

 

 

 

 

 

 

 

三着ヴェンジェンスは前に積極的に行って粘り込む競馬。マテラスカイやウインムートなど前に行った馬が止まった中、価値のある内容だった。マテラスカイを追ったら潰れるだろうと思っていたが、予想以上に粘りこの馬の評価については改めなければならない。早い流れにも対応できたので、今後も注目である。

 



 

 

 

 

 

 

本命のキングズガードは最後来ていなくはないが、中団あたりに構え、展開が向かないと厳しい。一昨年に勝ったような競馬が理想だ。今後も三着にはくるが善戦止まりかもしれない。サンライズノヴァも後ろからの競馬しか出来ないため、現状は東京の長い直線が理想だろう。今回も最後外回っていい脚を使っているが、少し届かなかった。

 

 

 

 

 

明日はジャパンダートダービーが大井競馬場で行われる。ここ三走圧倒的なパフォーマンスを見せ、大本命のクリソベリルを筆頭に14頭が集結。今日は最終予想ではなく、注目馬をあげる。前走後、乗った騎手が首をかしげ敗因については、まだはっきりしていない様子だが、レース後も厩舎で様子を見たが、故障もなく変わりない。今回は、勝ち星をあげているコース形態に近くなりここで人気を落とすようなら気にかけたい一頭だ。あとはJRA勢の経験がない馬全てに言えることだが、ナイター競馬がどうなるか。巻き返しに注目したい馬は以下にあげる。

 

ジャパンダートダービー注目馬はこちら

↓↓↓↓↓↓↓↓↓


中央競馬ランキング