プロキオンS2019無料予想 CBC賞回顧

 

 

 

CBC賞


○→▲→注

1発人気薄であるならと中京ではガラリと馬が変わるグランドボヌールを推奨。完全に力負け。また人気を落とした中京で美味しく頂きたい。グランドボヌール絡みの馬券は外したが、○アレスバローズからの馬連とワイド2つは抑えていた。ここまで人気をアレスバローズが落とすと思っていなかったので、やはり直前のオッズは大事である。

 

 

 

 

 

 

 

 

勝ったレッドアンシェルは強いの一言。前走とは全く逆の馬場で、タフさが要求されるレースでも結果を出したことは今後の期待も膨らむ内容であった。長いこと競馬を見ていると、4コーナーの手応えである程度勝ち馬や来る馬はそれなりにわかる。レッドアンシェルの手応えもこれはというものであった。今後はスプリンターズSが大目標となるだろう。ファインニードルの引退やスプリント界の絶対王者不在で、新鋭になるかもしれない。ただ鞍上問題が付きまとい、今後祐一くんがミスターメロディとどちらを選ぶかは注目だ。

 

 

 

 

 

 

 

2着アレスバローズは川田騎手の進路どりが光った。この日の川田騎手は人気馬が揃っていたこともあるが、午前中から馬券にとにかく絡みまくり複勝圏内にはほぼきていた。一日中買っていてもプラスであっただろう。迷いなく最内に進路をとり、前のセイウンコンセイはかわしたが相手が悪かったというところ。中京はやはり走る馬だ。現状リーディング騎手であるが、それにふさわしい判断と騎乗ぶりであった。

 

 

 

 

 

 

 

3着はセイウンコウセイ。58キロを背負ってもこの競馬が出来たのは復調を感じさせるが今回は相性のいい中京で加えて馬場も悪かった。他馬が苦にする条件であったので、過信は禁物である。このあとどこに行くかは分からないが、人気するなら少しまだ疑ってかかりたい。鞍上は幸騎手が継続できるのがベストであろう。




 

 

 

 

 

アウィルアウェイは道中あの位置からでは厳しい。馬場も合わなかったか。ショウナンアンセムは典型的なG Iで好走後、人気を背負い飛ぶというパターン。この二頭については少し人気しすぎにも思えたので、重い印は打たなかった。

 

 

 

 

 

 

今週の中京はプロキオンS。ドバイで好走したマテラスカイや近走今ひとつ結果の出ないサンライズノヴァ、連勝中のミッキーワイルドが人気するだろう。当方は左回りでは少しモタれるところがあるが、馬具を工夫する可能性もあり、1400はベスト。この舞台でも安定して馬券に絡んであり、一週前の追い切りの動きも良かった穴馬をピックアップ!

マテラスカイやウインムートなとが前にいくことからスローの流れにはならないであろう。前走も1.2着馬は前残りであったが、この馬だけ後方から伸びてきた。近走好走するも、勝ちがなく人気しないここで買いたい。その馬は


中央競馬ランキング