七夕賞2019 無料予想 ラジオNIKKEI杯回顧

 

 

ラジオNIKKEI賞


▲→◎→消

馬連や馬単でなら的中という予想であった。当方の馬券としては、それまでプラスであったことやワイドでも十分元が取れるということで、ワイドを購入。ここまで馬場が悪くなると思っていなかったので、急遽ゴータイミングを紐に追加。全く評価していなかったが、重や不良では抑えたい馬であった。

 

 

 

 

 

理由については、母系のサラフィナがヨーロッパで活躍していた馬であり、ジェニアルのヨーロッパでの活躍を見ても日本では渋った馬場の方が合うと思ったからである。事実新馬戦も重馬場での勝利だった。単なるディープ産駒だから渋った馬場は、、と考え無い方がいい馬だろう。折り合い重視で最高峰からの競馬であったが、よく伸びて来た。

 

 

 

 

 

 

 

勝ったブレイキングドーンについては、3コーナーあたりから仕掛け気味で楽な手応えで直線へ。4コーナーで勝ち馬はこれだとわかるほどいい手応えだった。弥生賞から見てもこういう馬場も問題なくこなす馬で、右回りの小回りがあっているかもしれない。さすが田辺騎手という騎乗だった。今後は軽い芝への対応も鍵になってくる。

 

 

 

 

 

 

2着は◎のマイネルサーパス。理想的な競馬をしてくれた。やっぱり大知くんはしてほしい競馬をしてくれる。内枠をいかしてロスなく前目で運び、最後はウチをついて伸びて来た。まぁ、道中については動くに動けなかった位置であったこともあるが。血統的に道悪もそこまで問題ないと陣営は思っていたようだが、騎手は違ったようだ。プリンシバルはやはり状態面の問題もあったようで、このくらいの距離がベストだろう。馬券になるのは、伸ばしても2000までと見ている。



 

 

 

 

 

 

ダディーズマインドは自分の競馬に徹しての4着。このメンバーでは一枚落ちるかもしれない。今後も宮崎騎手が乗るなら過剰人気にはならないと思うので、条件戦では買いたい。一番人気のヒシイグアスはいいところなし。馬場も合わなかったというのもあるだろうが、騎手人気が先行したイメージもある。良馬場での見直しが必要であるが、基本は人気先行する馬のイメージがあり積極的には狙いにくい馬だ。

 

 

 

 

 

 

さて、今週は七夕賞とプロキオンS。今日は七夕賞のピックアップ馬について記載したい。前走後、早くから七夕賞を目標に調整。使ってこのくらい良くなってくれればとイメージ通り良くなってきたとのこと。2週前の追い切りでも明らかに休養前だった時とは動きが違ってきている。追い出してからのエンジンのかかりが遅いので、途中から動くよりもテンから出していく競馬を今回はすることを頭からに入れていると言っていた。人気的にも上位人気にはならないと思うので、ここで1発狙いたい。その馬は下のリンクから。

 


中央競馬ランキング

 

 

明日はCBC賞の回顧とプロキオンSのピックアップ馬をあげたいと思う。