CBC賞2019無料予想 宝塚記念回顧

宝塚記念回顧


スタート後、一番注目してみてたのはキセキ。予想通りあまり出が良くなく、これ逃げられないかもな。飛びそうと思ってたが枠も幸いして前目に。上の画像の時に思わず声が出たが、なぜ丸山は行かなかったのか。道中あんだけ有力馬に囲まれて揉まれればノーチャンスのことくらい誰でもわかる。こういうところがレーン騎手との大きな違い。思い切りもない。経験もない。それではG 1で馬券に絡むことはできない。北村くんにも、もう少し締めに行って欲しかったのが本音。レイデオロは前走逃げてかかったので、それがなければ今回締めに行ってたかもしれないな。色んな要素が重なって、キセキが結局逃げる展開に。この画像を見る限りはもう少し違った展開にもなった可能性があっただけにそういうレースを見たかったというのは個人的にある。



 

ここでも隣を気にする丸山。そんな余裕ないだろと言いたいが、なにか社台グループであったのかもしれないな。まぁここで言いたいのはこの時点でリスグラシューが馬券内に来ることはまぁ間違いないだろうと思ったこと。この馬は終いはしっかり脚を使う。折り合いも問題なさそうであったので、さすがレーン騎手だなと感じた。見直した時に思ったがスワーヴもこの位置にいる。結局後ろからの馬にはノーチャンスというか有力馬が前目に行ったので、後ろには人気薄の馬が固まりチャンスがなかったというべきか。

 

 

 

 

◎のエタリオウは頭か消えるかという意味で印を打ったが、全く見せ場なし。春天後のローテは今後は少し軽視しようかと思う。キタサンブラックやフェノーメノなど人気を背負って消える馬も多いローテだ。三コーナーくらいで少し動いたが、もう少し捲りきってもらいたかった。まぁでもノリさんなら仕方ないな。○のレイデオロも前走かかったこともあり、今回はインで控える競馬に専念。この時期使うのも初めてで、この馬にはおそらく内回りコースは合わないだろう。皐月と今回といい、飛んだ時はいずれも内回りである。

 



 

 

 

勝ったリスグラシューはかなり強かった。いよいよ昨年秋頃から本格化してきた印象もある。秋も牝馬限定のレースでは当然主役であり、牡馬との混合レースに出てきても良いレースが出来るのではと思わせる内容であった。ただG 1で勝つ時は外人ジョッキーのため、秋も短期免許でこれる外人ジョッキーを乗せて使うのがベストであろう。エリ女から香港もしくは有馬が秋は最大目標ではと思う。JCはアーモンドアイがおそらく出るしな。キセキは3着馬をそれなりに離しているため運がないのか。ただこの馬の場合は、スタート後位置をとるのに脚を使うため、終いは切れ味のある馬にやられるだろう。秋以降もどんなレースをするか注目だが2着固定が本当よく似合う。今のところ、アーモンドアイのローテを考えるとまた勝てなさそうだ。

 

 

スワーヴリチャードは海外帰りで決して得意としていない右回りでよく走った。秋は状態が良ければだが、この馬も使いそうなレースにはアーモンドアイが出そうだな。アルアインは前回恵まれすぎた。今回も内を立ち回ったが、このくらいだと思う。距離も2000までがギリギリだろう。

 

 

 

 

CBC賞の狙い馬


今週から夏競馬。とりあえずG 1戦線で使ってきた馬は秋までお休み。そんな時こそ穴馬が台頭してくる。明日はラジオNIKKEIの狙い馬をピックアップするが、今日はCBC賞をピックアップする。レッドアンシェルやアレスバローズ、アウィルアウェイあたりが人気するかと思うが、当方は左回り特に中京ではめっぽう走る人気薄の穴馬を推奨する。左回りの成績(4.0.0.3)。5勝のうち左回りで4勝。うち中京では(3.0.0.0)という抜群だ。前走後はここを狙ってきたに違いない。オープン勝ちもないため、斤量も背負わないだろう。期待したい一頭だ。

 

その馬は
中央競馬ランキング