宝塚記念2019無料予想 ピックアップ馬と先週重賞回顧


函館スプリントS

消→○→消

前日の禁止薬物の影響により有力馬の競走除外も伴って、7頭立てとなり例年にないほど盛り上がりに欠けるレースになったことは間違いない。当方も◎と○しか印はつけず。◎のペイシャフェリシタについてはこの頭数であのオッズなら全く妙味がないため買う要素が減ってしまう。インを立ち回って前目での競馬は出来たが、伸びがなく5着。4コーナー手前では手応えが良さそうであっただけに直線で反応がなかったのは気になるところだ。むしろ○のアスターペガサスは4コーナーではもう手が動いていたにも関わらず、タワーオブロンドンにも先着している。こちらについてはキーンランドCを使うと思うので頭数が多くなり、メンバーが揃った時にも馬券に絡めるか次回はしっかり見ておきたい。1200や洋芝の適性はやはりある。勝ったカイザーメランジェについては、逃げてそのままいったのゴール。4コーナーでは間違いなく馬券内と思う手応えで開幕週や直線の短い函館の競馬場ではよく目にする人気薄が残って波乱を演出する展開に。鞍上の思い切りのよさもあったであろう。次走人気するなら消したい。

 

ユニコーンS

消→▲→注

懸念してた展開になり、勝ち馬のワイドファラオが枠をいかしてあっさりと砂も被らず逃げる展開に。こうなってしまうと血統的背景からもダートの適性があるように思えたワイドファラオが馬券に絡む可能性は高くなる。もちろん、デュープロセスの追撃を凌ぎきるのだから馬の能力があってのことだが、次走逃げれず砂をかぶった時にどういうレースが出来るかはしっかり見ておきたい。◎のノーヴァレンダは4コーナーで外にもたれながら矯正するところでアウト。次走も人気を落とし右回りで使ってきたら再度狙いたい。○のデアフルーグも見せ場なし。芝スタートだとあまり行きっぷりも良くなく、現状はダートスタートの1800くらいがいいのかもしれない。見えてない疲れもあった可能性もある。次もしっかりと見直したい。デュープロセスは流石の一言。クビの上げ下げで2着となったが力は示した。

 

さて、今週は宝塚記念。海外帰りの有力馬3頭やキセキが出走し、頭数は少ないが去年よりはメンバーがだいぶ揃った印象。現状では、長い距離でも活躍しているが、前走は位置取りが影響し、脚を早めに使ってしまって敗退したあの馬を本命なら考えてる。個人的にはこの距離もあっていると思うし、鞍上からしても楽しみな一頭だ。

その馬とは 
中央競馬ランキング