函館スプリントS2019無料予想 ピックアップ馬と先週重賞回顧

マーメイドS

消→消→△

惨敗であったこのレース。先行勢が総崩れになり、差し追い込み馬が上位を独占。毎年ながら、軽ハンデ馬がよく来る。サラスはスタート後最高峰だったので、もうないかと思ったが、この流れになるとはまるわな。レッドはサラスよりも早めに動いた分最後の切れ味で負けた。スカーレットカラーは少しもったいない。直線半ばまで壁になり追い出せず。ただあそこついてくる岩田は流石の一言。◎のダンサールは3コーナーすぎから手が動き始め手応えの怪しい感じに。○のランドネに至っては4コーナーではもう全く手応えないほど。人気のモーヴ、センテリュオはハンデを嫌い消したのは正解だったが、◎がこれではね。やはりオーナーズの馬は買わないとなと改めて感じたレースであった。

 

エプソムカップ

消→◎→消

正直△一番手をつけたアップクォークが出遅れ、◎のサラキアをどこにいるか探したら中団にもおらず、どうなってるのかと思ったらなんと逃げている想定外の展開。スタート5秒ほどで当方の予想は終わりを告げたと思った。ましてや直前の雨で◎のサラキアはディープ産駒。何もプラスになるとこがないと思ったが、結果を見ると行った行ったの展開。勝ち馬のレイエンダはなぜこんな人気するのかというくらいに思っていたほど初期段階で消した。展開の利があったのも間違いないだろう。内をすくってきたブレスジャーニーが来るかとも思ったが、やはりあまり内は伸びなかったな。ブロディガルサンがあの手応えでこの着順だし。○のミッキーは全く見せ場なし。3着のソーグリッタリングは思っていた以上に馬が力をつけてきているように思う。想定以上に人気していたので消した。

 

さて今週は函館スプリントS。開幕週の函館。直線が短く仕掛けどころも重要で、先行や好位につけた人気薄の好走が目立つ毎年の開催。現段階では洋芝1200で(0.2.1.1)とコンスタントに走り、先行できるあの人気薄を注目!馬券になった3回のうち2回は人気薄であった

その馬とは 人気ブログランキングへ